高血圧対策には運動が効果的!高齢者にもおすすめのジョギング・ストレッチ・踏み台昇降

本当はどうなの?高血圧は運動とストレッチで改善する?

本当はどうなの?高血圧は運動とストレッチで改善する?

 

 

高血圧の要因として、硬い筋肉が血管を圧迫して血液の流れを悪くすることで高血圧となっている場合があります。

 

そのため、筋肉をほぐしてあげることで血管の圧迫を除去し血圧は下がます。

 

また、ストレッチと同時に関節の可動域を広げることで、より血液が流れやすくなります。

 

そのため、体が硬い人は高血圧になりやすい傾向があると言われています。

 

ストレッチは外に出なくてもできるため、仕事で疲れて運動する気力がない方、忙しくて時間がない方、または高齢で外での運動は難しい方、血圧が高くて運動ができない方におすすめします。

 

次の記事も関連がありますので見て下さいね。

 

 

高血圧を有酸素運動せずにストレッチで解決!おすすめDVDは?

 

 

 

ストレッチのやり方

 

・まずは足のグーパー運動です。

 

足の血管は心臓から一番離れたところにあるため、血液を心臓に送るために一番力が必要になります。

 

しかし、血液がドロドロで流れが悪い人や、動脈硬化によって血管が圧迫されて血流が悪くなっている方は、血液を心臓へ戻す力が弱くなり血液が足に停滞してしまいます。

 

そのため足のグーパー体操によって足の指を動かすことで、血液を心臓に戻す力が活発になり、全身の血液の流れが良くなることで血圧が下がる効果が得られます。

 

方法は、床に膝を伸ばして座ります。

 

そして、膝を伸ばした状態で足をグーパーさせるというものです。

 

回数はグーパーを交互に20回×3?5回/日が目安です。

 

これは椅子に座っている状態でも効果はあるため、職場でも外出先でもできます。

 

 

 

 

 

 

・次に手首・足首のストレッチです。

 

座った状態がいいですが、立って行っても大丈夫です。

 

両手を胸の前で心臓よりも低い位置にまっすぐ伸ばします。

 

そして片方の手でもう片方の指を掴み、手首を下に向け10秒間そのままにします。

 

今度は上に反らして10秒間です。

 

これを左右の手2?3セットを目安に行います。

 

反らしすぎは手首を痛めるため注意が必要です。

 

手首は気持ちいいぐらいに反らすのが理想です。

 

 

 

 

 

 

・また、足のストレッチもあります。

 

床に膝を伸ばして座ります。

 

そして、足首を内側・外側・上下に動かします。

 

さらに有効なのは、足首の内返し・外返しの運動です。

 

座った状態のまま片足は膝を伸ばして、もう片方は膝を曲げて伸ばしている方の膝の上に乗せます。

 

そして足の指を掴んで、時計回り・反時計回りに片足10回ずつ回します。

 

 

 

本当はどうなの?高血圧は運動とストレッチで改善する?

 

 

 

・ヨガもオススメです。

 

最後に体を柔軟にして血行をよくして、血圧を下げるという意味でヨガ効果があります。

 

1つ目のヨガのポーズは「がっせき」というポーズです。

 

体の中でも硬くなりやすい股関節周囲の筋肉をほぐすポーズです。

 

2つ目は変型ポーズで下半身の筋肉をほぐして弾力をつけるポーズです。