高血圧対策には運動が効果的!高齢者にもおすすめのジョギング・ストレッチ・踏み台昇降

本気で調査!運動で高血圧が改善できる?その理由とは?

本気で調査!運動で高血圧が改善できる?その理由とは?

 

 

高血圧を引き起こす原因の習慣はいくつかあります。

 

塩分の多い食事、過度な飲酒、喫煙、ストレス、疲労、寝不足、いびき、遺伝、糖尿病や腎臓病の合併、ホルモン異常です。

 

そもそも血圧は、血管抵抗と血液量が関係しており、高血圧になる理由は2つあります。

 

それは一次性高血圧といって本態性高血圧とも呼ばれており、血圧を上げる要因が明らかでないものです。

 

もう1つは二次性高血圧といって腎臓病や心臓病、ホルモン異常など高血圧の原因が明らかなものです。

 

一次性高血圧の原因が元になって二次性高血圧に至ることも多いため、病気を合併する前に運動によって、高血圧の改善・対策することは大切です。

 

 

 

 

 

 

また、高血圧と動脈硬化は密な関係であり、動脈硬化によって高血圧を引き起こしているため、動脈硬化にならないためにも生活習慣を見直す必要があります。

 

動脈硬化の4つの因子についてアメリカの研究者のカプランは、肥満・糖代謝異常(糖尿病)・脂質異常症(高脂血症)・高血圧と「死の4重奏曲」としています。

 

動脈硬化は、血管の弾性が失われることによって血流が滞って、様々な物質が血管に沈着し、血管の内腔が狭くなることで起こります。

 

そして、内腔が狭くなっている状態で心臓から送り出された血液が、スムーズに流れずに血管の圧が高くなった状態が「高血圧」です。

 

 

 

 

 

 

また、動脈硬化によって血管の内腔が狭くなることで、心臓から強く圧をかけなければ血液が流れなくなるため、心臓に大きな負担がかかり、心臓病の原因にもなります。

 

血圧は血管抵抗が関係しているとお伝えしましたが、運動を行うことで血管周囲の筋肉をほぐし、血管への圧迫を減らすことができます。

 

それによって、血管そのものへの圧迫が減少し、血流が通りやすくなります。

 

そして、運動が高血圧を改善させる理由は、血液循環が良くなり血圧を下げるということです。

 

 

 

 

 

 

また血圧は、血管抵抗も関係するとお伝えしましたが、それは運動を行うことで興奮した自律神経の影響で利尿作用が効き始めて、不要な水分を体から出そうとします(緊張した時にトイレに行きたくなるという作用と同じ)。

 

それによって、心臓が全身に送る血液は必要な分のみとなり高血圧が改善します。

 

 

過度に体内に水分が溜まってしまう理由は、2つあります。

 

1つ目は、過剰な飲酒です。

 

この場合は、物理的に体内に水分が増えていくことが原因です。

 

 

 

本気で調査!運動で高血圧が改善できる?その理由とは?

 

 

 

2つ目は、過剰な塩分摂取です。

 

塩分摂取で水分が増える理由は、塩分を摂取すると体が水分を欲して、喉が乾くというサインで、多量に水分摂取してしまうことが原因です。

 

また、塩分の成分は体内の水分とくっつきやすいため、体内に水分(血液)が多くなってしまいます。

 

また自律神経という言葉を出させていただきましたが、ストレスが原因で自律神経が乱れることもあり、適度に運動を行うことでストレスを軽減させ、高血圧を改善することができます。

 

 

高血圧についてのこんな記事もあります。

 

 

【改善に効果がある?】高血圧対策としておすすめの運動は?